9月の手紙 その2

b0209810_17361029.jpg
アンドレ・ダーハン『カミラの夢』




この季節、あなたに宛てて手紙を書いたのは、ついこの間のことと思っていたのに、

もう2年もたっていたなんて。


今年の夏は、珍しく引き際を心得ていましたね。


9月に入るとすぐに気温が下がり始め、いきなり冷たくなった夜風には、とまどうほど。


この夏の潔さ、秋の精勤ぶりに、喝采をおくりたい気分です。


おかげで、忘れかけていた初秋の風情を、こころゆくまで楽しめたのですから。



9月の夕方。こんなに優しい時間がほかにあるでしょうか。


光と影がほどよい均衡を保ち、目に映るものはみな、しっとりと落ち着いています。


明るいまま暮れなずんでいく空は、ところどころに薄紅を載せた水色。


ちぎり絵の和紙のような雲がつつましく浮かんで……


この時季にしか見られない夕空。


夕焼けのない淡い空。



お隣の柿の実が、色づいてきました。


まだほとんどが、青白く潤んだ月のよう、

でも、そのうち幾つかは、既にトパーズの光沢を添わせています。


虫の声も、日が沈みきらないうちは控えめです。


ときどき、フィリリリリと高い声で鳴くのは、草雲雀。


チ、チ、チ…とかすかに鳴いているのは、鉦叩きでしょうか。


なぜかこの声を聞いていると、昔々、従姉が熱心に編んでいた、

薄紫と草色のリリアンが目に浮かびます。



光も風も、独特の雰囲気を持っているでしょう?


透明ではなく、曇ってもいず……

たとえば、学校の理科室にあった、プレパラート用のカバーガラス、

あのガラス越しに風景を見ているような、不思議な感覚が呼び起されます。



きっと、一週間もたたないうちに、金木犀の香りがあなたに届くことでしょう。


それとも、銀木犀のほうがお好みだったかしら^^


大気には陽が溶け込んでラメのきらめきを放ち、空は紺碧に澄み渡って、

季節は少しずつ華やかになっていきますね。



素敵な秋をお過ごしください。



b0209810_17363576.jpg



先日、おつきあいの長いブロ友さんに、4周年を祝うお言葉をいただき、

「えっ、そんなに続いてたっけ!?」と、びっくり。


教えていただくまで失念していた自分に、もっとびっくりでした。


途絶えがちな更新とはいえ、飽きっぽい私がここまで続けてこられたのは、

ひとえにご訪問くださる方々の応援のおかげです。


それがなければ、とっくに放り出していたはず。


本当に有難うございます。どうぞこれからも、よろしくお願いいたします。




[PR]
by mofu903 | 2014-09-24 17:45 | 季節