<置き換えダイエット>レポート

b0209810_11331753.jpg



昨年決行したダイエットの結果は、4.3㎏減で、目標の-5㎏には及ばなかったが、

まずまずの成功を収めた。

更に、今春、ぎっくり腰で寝込んでいる間にもうひとまわり痩せて、全体にだいぶすっきりした。

おかげで、ウェスト部分がぐいぐい食い込んでいたワンピースもパンツも、らくらく入るようになり、

その点は願ったり叶ったりだったのだが、もっぱらくたびれたスエットで家の中をうろつくだけの

療養生活だったため、せっかくのよそいきの出番がなくて口惜しい思いをしたのだった。


腰のほうが一段落したとたん、今度は俄然食欲がでてきて、体重は、もと来た道を一目散に

駆け戻り始めた。

ドカ食いをしているわけではないが、PCの前に長く座っていると、つい口寂しくなって、

足が勝手に冷蔵庫に向く。

こういう時のために、ローカロリーアイス、こんにゃくゼリー、ゼロカロリーコーラのデカボトルを

待機させているのだが、冷蔵庫詣でが頻繁すぎて、切らしてしまうことも多い。


ちょっとでもカロリーの低そうな食品を求めて庫内をあさっているうちに、ふと、

(こんな姿を誰かに見られていたら…)という思いがよぎった。

気になって後方確認したが、誰もいない。真夜中だし、当然か。


さて、デスクに戻ってきてPCのスタートボタンに手を伸ばしかけたら、目の前のディスプレイに

ちくわをくわえたサルが映った。私はひとり赤面した。


この秋、セレモニーの予定があり、そこでみっともない姿をさらしたくない。

意を決して、再びダイエットに取り組むことにした。

今回の目標は-2㎏なので、なーに、一か月もあれば余裕で痩せるさ、と思っていたのだが、

目論見は大きく外れた。

びっくりするほど痩せないのだ。


b0209810_113982.jpg



そのことに悶々としていたら、テレビショッピングのコーナーで、

とあるダイエット食品が紹介されているのが目に留まった。


「一食置き換えダイエット」の、水に溶かすタイプ。

この手の商品は何度も目にしていたが、今までまったく興味がなかった。値が張るからだ。

だいぶ前に、夫が「本気の」ダイエットに取り組もうとして、某有名ダイエット食を購入した。

これが高かった。確か、二か月分で7万ちょっとしたと思う。

案の定、夫の意志は挫け、マイ○ロダイエットは、ほぼ手つかずのまま、彼の机の下でひっそりと

高級品オーラを放っていたが、いつのまにか姿を消した。

闇に葬られたダイエット食界のセレブ――私は、夫のこの仕打ちに、悔し涙を禁じ得なかった。



そんな私が、今回いたく心を揺さぶられたのは、この製品が他社のものと比べ、グンとお安かったからだ。

普段の食事の半分もお金がかからない。

30種類の体に良さそうな素材入りだから、健康的に痩せられて、し―かーも、食費が浮く!

こんなにいいことはないと、ケチな私は飛びついたのだった。



そして、今、その粉末を規定量の水で溶いたモノを飲み下しているところだ。

娘が、「私も買おうかな?」と言うので、「あもほけ」と即答した。

(「やめとけ」と言いたかったのだが、口の中がペタついてペタついて)

CMでは、7人のモニター女性たちが、「うっそー、すごくおいしい!」「これはイケルわ~」などと

はしゃいでたっけ。思い出すだに恨めしい。

それに、こうも言ってたな。「腹持ちがいいから、おなかがすかないよね!」

みなさん、良くおっしゃいますな。私は、飲んだ直後にもうおなかがすいている。

というより、(こう、もっと、ほかにないのか?!)という感じなのだ。


そんなわけで、本来は「一日一食置き換え」るのだが、実行できたのは、

「一週間で二食の置き換え」のみ。




……いや、置き換えられてませんでした。

前回は、口直しに、焼きたてパンを食べ、ついでに炊飯器に残っていたご飯をちょっと食べ、あまつさえ、

お仏壇の栗まんにまで手を出してしまった。

今も特大マグを片手に、口直しは何にしようかと真剣に考えている。

すでに心は折れているが、私は、夫の轍は踏まない。買った以上はきちんと消費する。

多少なりとも人間の出来が違うのである。

しかし、「置き換え」は……できないだろうなぁ。





b0209810_11401367.jpg

[PR]