b0209810_2010213.jpg



一つの季節が終わる頃の、あの物憂いセンチメントが好きだ。
 

特に夏の終わり。

丈高い向日葵もうなだれて、ロダンの彫刻「カレーの市民」を思わせるし

散歩道に点々と落ちた蝉の死骸や、咲き呆けてめっきり花数の減った百日紅も

あれほど燦然と輝いていた夏の、凋落の一こまだ。
 

しかし、短いながらも生を謳歌したものたちの安らかな充足感が、そこかしこに立ち込めている。
 

まだ睫毛の間にひっかかっている、すでに思い出となった夏の結晶を

少し斜めになった陽光がきらめかせる。


この宴のあとのような静けさほど、人生が束の間のものであることを

優しく思い起こさせてくれるものはない。
 

光と翳がさまざまに形を変えて私の中をよぎる。

 喧騒と静寂。  追憶と忘却。  終焉と新生。


 
毎年この時期になると、私はただ時の流れを受け入れて、それを透過させる物体にすぎなくなる。

 
初秋が爽やかに訪れるまでの短い期間を、私はそうやって過ごしているように思う。
[PR]
# by mofu903 | 2010-09-11 15:40 | 季節