<   2015年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


b0209810_821492.jpg



寝起きの頭で、ふらふらしながら庭に出て、そよ風に揺れる花を眺める。

水遣りのついでに、テーブルに飾るための小さな花束を作る。

(朝の庭で、小鳥の声を聞きながら、テーブルに飾る花を摘むワタクシ♪)と、

脳内で自分の姿を著しく美化しているので、たったこれだけのことが、ほんのり幸せに思える。



今朝も、花盛りのオルラヤとローズマリーを摘んだ。

香りをちょっとかいで、うっとり気分でリビングに入ろうとすると、夫の興奮気味の声が響き渡った。


「もやし、消費期限が昨日だった!」


続いて、本体があたふたとやってくる。

呆然と立ちつくす私の前で、夫は、バッとオーバーアクションでサングラス眼鏡をはずし、

もう一度もやしの袋を確かめ、愕然とした表情になった。

「うわっ、おとといだった!」

ついで、私に視線を戻す。小っさい目には、悲壮感が漂っている。


「蕎麦も、昨日までだった……」

すっかり鼻白んで、「おはようぐらい、言おうよ」と言うと、

「だって~なかなか起きてこないから~」



私と違って早寝・早起きの夫は、早朝五時から暇をもてあましている。

私が顔を見せたら、蕎麦の一大事について報告しようと待ち構えていたところへ、

追い打ちをかけるように、もやしがイカレているのに気づいてしまい、一大事が二大事になって、

「おはよう」どころではなくなったらしい。

まるで、帰ってくるなり母親のもとに駆け寄って、「××君にいじめられた~」と言いつける小学生なみ

である。



色は似ているが、ストライプの太さも幅も明らかに違うスーツを、上下の組み合わせを取り違えて

着ていってしまうほど無頓着な夫だが、こと「期限」と名のつくモノに関しては、

つねに細心の注意を払っている。

この注意深さを、なぜ発言するときに活かせないのか、不思議でならない。



温泉と避暑地で名高い那須高原のお土産を持ってきてくれた友人に、

「あの有名な、『那須の猿岩石』を見ましたか?」

友人は、一瞬、あっけにとられていたが、夫の言い間違いに気づいたとたん、

笑いをこらえて悶絶しそうになっているし、私は脱力してしまって、

「それ、『★殺生石』だから」と、訂正する気にもなれなかった。




さっきも、「五本足ソックス専門の店があるんだよ。五本足ソックスも有名になったものだな……」

と、わけのわからない感慨に浸っていた。


確かに、夫は日頃、五本ソックスを愛用しているが。



b0209810_8232838.jpg

[PR]
b0209810_1336196.jpg



5年前の春浅いころ、初めて降りた駅で、迷子になった。

勘を頼りにその辺を歩きまわってみたが、事態は悪化する一方だった。

ついにあきらめて、道を尋ねるために、街角の花屋さんに入った。



薄暗い店内は予想外に広く、予想外に品薄で、入り口近くのコンクリートの床には、

鼻づらの長い大型犬が、平たくなって寝ていた。

声をかけると、作業台の前で、仕入れた花を捌いていた背の高い女の人が、億劫そうに顔を上げた。

彼女が手にしているバラの、ピンク、オレンジ、イエローが、マーブル模様のように溶け合った

不思議な色合いに目を奪われ、本来の目的も忘れて、思わず、

「それ、一本ください」と言っていた。



顎先で頷いた彼女が意外に時間をかけて選ってくれている手元を眺めながら、

「こんなにきれいに咲いてるのに、いつかは散っちゃうんだものねぇ…」

ひとりごと半分に言った私に、「挿し木にしたら?」

やはり、ひとりごとのような答えが返ってきた。

バラの挿し木は私には難しすぎて、成功したためしがないの、と打ち明けると、

ふっと目元を和らげて、「切り方かな?」

茎の下部を、迷いのない鋏づかいで、パチンと切り落としてくれた。



b0209810_13345951.jpg




その日、一本だけ買って帰ったバラを、ガラス壜に挿して、机の上に飾っておいた。

その年はいつまでも寒かったせいか、バラは一か月以上もきりっとした輪郭を保っていたが、

やがて自然の摂理に従って花びらを散らした。

長く咲き続けてくれたことに感謝しつつ壜から抜いてみると、なんと切り口にカルス(瘤)ができて

発根している!

遅まきながら、あの時の女主人の手際に感心しつつ、いそいそと鉢植えにした。




バラは年毎に大きくなり、細かった茎も、幹と呼べるくらいに太くなった。

「あの時のバラね、根付いたのよ!」と、ずっと彼女に伝えたいと思っていた。

その後、たまたま近くまで行く用事があって店を訪ねてみたが、

あの仄暗い花屋があったところは、大きなガラス窓の美容室になっていた。



薔薇園で咲き誇っている仲間たちと比べたら、ささやかすぎる花だが、

私はこのバラの手入れに余念がない。

そのたびに、たった一度だけ会って、ふたことみこと言葉をかわした人のことを思い出す。




去年の秋、このバラの足元に、小さな赤ちゃん苗をみつけた。

濃い緑色の葉っぱはつややかで、まっすぐな良い姿をしていた。

うちのバラが実生で増えたのは初めてだったので、なんともいとおしかった。

冬が去り、春が深まっていくにつれ、丈が15センチほどになり、あれれ?

一人前に、てっぺんにつぼみらしきものもついた。



そして今日、待ちに待ったつぼみが開いた。

親はピンクからオレンジ系の混色なのに、こちらは混じりけのない白。

バラ栽培の知識がないから、どうしてこうなったのかわからない。

ただ、不思議なこともあるなぁ、と思うばかりだ。



b0209810_13372368.jpg



b0209810_13365212.jpg





* * * * * *

お久しぶりです。
おいでくださって、本当にありがとうございます。
諸々の事情に加え、娘の病状が思わしくなかったこともあって、
すっかりブログから遠ざかってしまっていました。
こんなに更新できないならいっそ閉じてしまおうかとも思うのですが、
なかなか思い切れずに、だらだらと続けさせていただいています(´ω`;)
しばらくは、こんなペースになってしまいそうですが、
またお立ち寄りいただければ嬉しいです(^ω^)





b0209810_13375914.jpg

[PR]
by mofu903 | 2015-05-16 13:55 | 植物