<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0209810_22471.jpg


三か月前にやったぎっくり腰が、なかなかすっきりしないので、

ネットで知った「ぎっくり腰体操」をやってみることにした。


膝に足を乗せ、指とかかとに手を添えて、足首をぐりぐりまわす。

内回し、外回し、各20回。これを左右の足で3セットずつ行う。

簡単な体操なので、3セットと言わずもっとやりたくなる。

治りたい一心で励んだ結果、不都合な事実を認めざるをえなくなった。

「ぎっくり腰体操」は、ぎっくり腰を「直す」のではなく、ぎっくり腰に「する」体操だったのだ。


再び寝込んだ。

あおむけになって本を読み、腹這いになってごはんを食べる。

苦心して右を向き、惨憺して左を向く。

「あれを持ってきて」 「美味しいものが食べたい」 「洗濯物を干せ」 「パ○ツを穿かせろ」

次々と注文を出す私に、家族は相変わらず、なまあたたかい視線を注いでくれる。

私の家族は、そう言ってはなんだが、頼りがいがないぶん、優しい。

温和、かつ、稀にみる謙虚な人として知られる私でさえ、わが家族の面々と比べたら、

ヒステリックなカモノハシにたとえられるほどなのだ。(ちなみに、あまり知られていないが、

この動物は見かけによらず、鋭い毒爪を持っている)


私のぎっくり腰アゲインの原因が、おのれを叱咤しつつ体操に励んだ結果だと知ると、

夫も娘も深い同情を示してくれた。「努力が裏目に出て可哀想に」と。





実は、こんな彼らに、決して明かせないヒミツがある。

たしかに、「ぎっくり腰体操」のやりすぎはまずかった。

しかし、もっとまずかったのは、その後の私の行動だった。



心ゆくまで体操をして、満ち足りた気分で目の前の座椅子にどすんと座り、ゲーム機を手に取った。

ん?――座り心地がいつもと違う。

お尻が窮屈な気がするけど、最近、太ってきたからしょうがないか。

でも、背もたれも、なんとなくしっくりこないなぁ……

違和感を覚えた時点で確かめればよかったのに、不精な性格が災いして、

床に足を突っ張った不自然な姿勢でゲームにのめり込んでいた。

そのうち、お尻に生じていた圧痛が、だんだん耐えがたくなってきた。


さすがに、おかしいと思って立ち上がった瞬間、ぎくぅぅぅ。

二つ折りになったまま、涙目で見下ろした先に、魔の座椅子があった。



こんな感じで↓

  誤×
b0209810_234131.jpg



  正〇
b0209810_231851.jpg




背もたれに座ってたなんて、言えやしないよ……。
[PR]
by mofu903 | 2014-05-25 02:10 | 日常
b0209810_1621137.jpg



人をいじめて喜ぶというのは、私の理解を超えているが、対象を花に特定したら、

私にもサディストの気があるのじゃないかしら。


花々を愛でる暮らしは憧れだし、種を蒔いて小さな芽が頭をもたげて来たりしたら躍り上がるほど

嬉しいのに、胸の底には、常にその逆、『いじめたい』という衝動がうつらうつらしていて、

ときどき目を覚ますから始末が悪い。



咲き呆けたチューリップの花びらが、一枚だけ外側に反り返っていたので、そっと引っ張ってみた。

かすかな手ごたえのあと、なめらかな艶のあるそれが、はらりと離れて指先に。


その一瞬の満足を、何にたとえたらいいだろう。


たくさん開花させるための花がら摘みはかかせないが、それにかこつけて、萎んだパンジーやビオラを

次々手折るのも楽しくてならない。

すらりと伸びた細い茎を折るとき、指先が喜んでいるのがわかる。


ぽとんと落ちた椿は、貴重品だ。

花びらを一枚ずつむしる。

ふっふっふと、内心でほくそえみながら、むしる。もはや、危ない女になっている。

花びらが多い乙女椿は、もっとむしりがいがありそうだが、たいてい茶色く変色していて興ざめなので、

拾わない。


タンポポやクローバーに誘われるのは、足の裏だ。

踏みつけたくてむずむずする。

子供のころのように、裸足に柔らかなクローバーを踏んで駆け回れたらと夢想しているが、悲しいかな、

いつの間にかそういう原っぱは消えてしまった。



冷酷な性格が露呈したついでに白状すると、本当にいじめたくなるのは、終わりかけの花でなく、

今にも開きそうなつぼみだ。特に、バラの。

花好きを標榜する人間にはあるまじきことだが、あのふっくらしたつぼみを目にすると、

糸切り歯で、ぱっつんと噛み切りたくなる。

実は…一度だけ、欲望を抑えきれずに、大きな真紅のつぼみに歯を立てたことがあった。

酸味のある不快な苦さが口中に広がった。

憧れにくるまれた欲望は、リアルな味覚の前に崩れ去った。



五月、フローリストの店先は、色とりどりのバラのつぼみであふれている。

(あれって、まずいのよ)

自分に言い聞かせつつ、未練たっぷりで通り過ぎる。

葡萄にありつけなかった、イソップの狐みたいに。



b0209810_1615271.jpg

[PR]
by mofu903 | 2014-05-10 16:06 | 日常
b0209810_1426928.jpg



花鋏を手にして、久しぶりに早朝の庭に出ると、どこか覚えのある音が耳に飛び込んできた。

カラカラカラ、カラカラカラ……

(これ、何の音だったかしら?)

振り仰いで、合点がいった。

隣家の庭先に高々と揚げられた鯉のぼり、そのてっぺんの矢車がくるくると回って、

爽快な音を立てているのだった。


それに耳を傾けていると、不意に、周囲がさまざまな音に満ちていることに気づいた。

今、頭の上を過ぎ去った羽音は、餌を運ぶムクドリだろう。

そこかしこの軒先から、ぴわぴわぴわぴわと、甲高くひっきりなしに鳴く雛たちの声がしているもの。


もっと高いところからは、「うれしー、うれしー」、ときに、「うれぴー」と聞こえる、

この季節を謳歌しているような陽気な歌声が降ってくる。

毎年、何の鳥なのか調べてみようと思いながら、それきりになっている。

ウグイスは、この時期ともなると、いわゆる老鶯になって、「ほー、ほけきょ・けきょ」と、

最後にちょっとしたおまけがつく。

三月に聞く初音の、透き通るような典雅さはないが、これはこれで、熟練した歌手がみせるアドリブの妙が

うかがえて楽しい。

ラベンダーの香に誘われてやってくる、ミツバチの忙しげな羽音。

若葉を広げ始めたハナミズキの梢を渡っていく風。

そして、さわさわといっせいに頷く花群。


眩しい新緑の中、今年もまた、五月の音に囲まれている幸せを思う。


b0209810_1429212.jpg



しかし、去年とは少し違っているところもある。

たとえば、道を隔てたお宅から、生まれたばかりの赤ちゃんの泣き声がすること。

まだか細いけれど、そのうち、元気いっぱいに響き渡るだろう。

たとえば、一人暮らしをしていたお向かいの奥さんの、お年寄りにしては豪快な、

おっほっほっほ、という笑い声が聞こえなくなったこと。

去年の秋、「寝たきりになったので、介護施設に入ることになりました」と、

姪御さんが挨拶にみえた。

奥さんが丹精していたばらの葉陰に、今にも開きそうな蕾が見える。

風がよぎるたびに、徒長した枝が、主のいない家の窓に触れて、小さな音を立てる。





b0209810_14275321.jpg






追記:文中の「うれぴーさん」は、ヒヨドリと判明しました。ご教示くださったtetteさん、ありがとうございました。
[PR]
by mofu903 | 2014-05-05 14:32 | 季節