夫語録

b0209810_12311271.jpg



夫の、特殊なこだわり(物を整列させたがる)については、前に書いたことがあるので、

読んでくださった方もおいでかもしれない。

しかし、その独自の几帳面さとは裏腹に、夫は、元来、えらく無頓着な人間であり、

それはおもに、言語面に著しい。

つまり、全発言のうち70~80%は、適当にしゃべっていると思われる。


たとえば――。

私たちがときどき利用する近所のカフェは、営業日が変則的だ。

しかも、やたら休みの日が多い。

「今日は、やってるかな?」

ひとりごとを言ったら、耳さとく聞きつけた夫が得意げに教えてくれた。

「カフェの壁に、やってるって書いてあったよ」


いやいや、さすがに、壁に書いてあったら落書きレベルでしょ。

【カフェのドアに、<open>の札が下げてあったよ】

と、夫は、そう言っているつもりなのだ。



こういうこともあった。

お盆の迎え火をたいたあと、水を撒いて後始末をしている私と娘を尻目に、

「じゃあ、お父さんは、先に家の中で、迎え火を焚いてるからね」


自分ちを火事にするつもりか。

ここは、【先に家の中に入って、お線香をあげているから】

と言うべきである。


「ゆうべのタベー、食べれるかな?」


と、問う夫の指は、カレーの鍋をさしている。

もちろん、

【ゆうべのカレー、食べられるかな?】が、正しい。



このように、夫にかかると、

カウチポテトは河内(かわち)ポテトになり、ポテトチップスはチップチョップスになり、

八百屋は野菜屋になり、KYは、YKKになる。


長年、適当にものを言われ続けていると、自然に脳内補完が行われて、夫が何を言わんとしているか、

すぐにわかるようになってしまった。

そのため、私と娘は、呆れたり面白がったりしながら、不都合を感じることもなく過ごしている。





だが、過去にさかのぼれば、不都合ありまくりの出来事もあった。

二十年近く前、私はパニック・ディスオーダー(パニック障害)を患っていた。

最近ではかなりポピュラーになった感のある病気だが、当時は、このカタカナの病名自体、

耳慣れないものだった。

幸い名医に出会えたおかげで、発作もほとんど出なくなり、いわゆる寛解状態になったころ、

義母の三回忌があった。


親戚、知人一同、車に分乗してお寺に向かうことになったが、パニック持ちのせいで

車が苦手になっていた私は、ひとりだけ電車で移動することにした。

無事に法要を済ませてから、会食の席にうつったのだが、みんなの私への態度が、

いつもと違う。いわば、腫物に触るようなのだ。

(体調を気遣ってくれてるんだな)と胸の内で感謝しつつも、常日頃、虚弱な嫁のイメージを

与えているので、名誉挽回のために、ここぞとばかり元気そうにふるまった。

しかし、テンションを上げれば上げるほど、座が白ける。

ことに、歳のいった伯母たちは、いつもの饒舌が嘘のように、終始うつむき加減で、

気もそぞろな様子だった。


そんなこんなで、家に帰ったらどっと疲れが出てしまった。

のろのろと喪服からスエットに着替え、お茶で一息入れてから夫に問うた。

「おばさんたち、ばかに気を遣ってなかった?私の病気のせいかな?」

夫、答えていわく、「大丈夫、行きの車の中でちゃんと説明しといたから」

「……ふーん?まぁ、それなら良かったけど」


「『ジャレさん、何の病気なの?』って聞かれたから、

パニック・デストロイヤーです』って教えたら、みんな、すごくびっくりしてたよ」



はぁ??

そりゃ、びっくりするだろうよ!

みんなは、私に気を遣っていたのではなく、嫁がいきなり暴れ出しやしないかと、

気が気ではなかったのだ。

さすがにこの時ばかりは、夫に四の字固めをかけてやりたくなった。




夫の適当発言は、一向に治まる気配がない。


今朝も、バッグに図書館の本をパンパンに詰め込んで帰ってきた夫から、

例の不定期営業のカフェについて、報告があった。

「壁のカペは、休みでした」


b0209810_12491263.jpg


[PR]
by mofu903 | 2015-03-22 12:34 | 家族 | Comments(42)
Commented by milknyan1 at 2015-03-22 14:08
はじめまして。ミルクの母さんと申します。
イイネをありがとうございました。

ああ、ご主人。私の母と似ていて…
思いっきり膝を叩いてしまいました!
い、痛い(笑)強すぎた!

又お邪魔いたします。( ´ ▽ ` )ノ
Commented by wilmslow at 2015-03-22 14:18
こんばんは♪
久しぶりにご主人さまの語録に、画面のこちら側で大笑いさせていただきました。特に最後のパニック・デストロイヤーはコメントを打っている手が今も笑いで震えるほどです。

仕切り直して。
パニック障害は今でこそ認知度があがりましたが、当時はきっと理解も少なく大変だったことでしょうね。
ご自身の大変だった頃のお話しを、こうして笑い話しにかえることのできるジャレットさんは、やはりすごいです。
Commented at 2015-03-22 20:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mofu903 at 2015-03-22 21:12
ミルクちゃんのお母さん、はじめまして^^
スージーさんのブログからお邪魔しました。
早速のご訪問ありがとうございます。
お母様もこんな感じでいらっしゃる!?
実は、うちの母も、夫に輪をかけてアバウト発言が多いんです。「○○さんは、心臓にヘルスメーターを入れてるんですって!」は、母語録のトップに記載されています(笑)
お母様のお話も、いつか聞かせてくださいね。
私も、また伺わせていただきます、どうぞよろしくお願いいたします(^^♪
Commented by mofu903 at 2015-03-22 22:17

wilmslowさん、こんばんは。
コメントありがとうございます^^
パニックデストロイヤー、おっそろしい名前でしょう?しかも、「発作を起こして云々…」みたいなこともしゃべったらしく(なにしろ夫の弁ですから、どうせ正しくは伝わっていないでしょう)聞かされたほうは、ジャレットがいかに要注意人物か、発作とやらがどんなに危険か、あらぬ想像をして恐れおののいていたと思われます。
今思い出しても、笑ってしまいそうです。
そして…パニック持ちに共感してくださって、ありがとうございます。初めての発作の時は、これが私の最期だと本気で思いました。
wilmslowさんがおっしゃるとおり、この病気については、家族以外の人たちにはほとんど理解してもらえませんでしたが、病気の苦しさから逃れることが先決で、「あとは野となれ――」と開き直ってました。もしかしたら、それが良かったのかもしれませんね^^
家族の理解が得られない患者さんも結構いらっしゃるようで、本当にお気の毒です。
認知度が高まったということは、患者数も増えているのでしょうね。必ず治る病気だということを、苦しんでいる方々に少しでも早く知ってほしいです。
パニックの話を長々とごめんなさい、
でも、お気遣いいただいて、とっても嬉しかったです(^^)
Commented by suezielily at 2015-03-23 17:52
パニック・デストロイヤー…ううむ。
ご主人さま、面白いですね。しかし治ったからこうしてお書きになれることではありますね。その節は大変でしたね。
あ!ミルクの母さんだーー
ちなみに紅茶葉はレディーグレィでしょうか?私、好きなのですよ
心臓にヘルタースケルター!?って、違。
うちの母もよくローランサンといいたくてサンローラン、ローソンを必ずファミリー(マート)といいます。
Commented by 20-tette at 2015-03-23 18:44
御願い・・・ご主人のエッセイの時は【飲食危険】と題字の横に添えていただけませんこと?PCをお釈迦にしするところでしたwa (@_@)  言葉をはしょってるというよりは、芸術的表現と把握するべきような気がします。
ピカソの絵や陽水の歌詞のようにきっとそれはセンスです!
もっと誉めそやして無限の才能を・・・無理?^m^
Commented by mofu903 at 2015-03-23 18:56
22日20時の鍵コメさんへ
そうです、そうです。覚えていてくださった?
洗い終わると、皿、お箸、スプーン、などなどきっちり分類して等間隔で並べてくれます。あと、魚の空き缶も(涙)
やっぱり!お母様語録が存在するんですね。
「おかしなこと」とおっしゃいますが、ブログから拝察するかぎり、かわいらしいお母様のイメージしか浮かんできません^^
うちの母も、夫にまさるともおとらないボケっぷりですが、NG発言が多いので、私もしょっちゅうキョロキョロ。
しかも、たしなめたり訂正したりすると、なんとなーくすねた感じになるので、余計疲れます。聞き流せればいいんですけどね、私の器が小さいせいで、ついつっこんじゃうのよ(^_^;)
でも、店員さんや美容師さんは、客扱いが命。
暴走気味の母に対しても、満面の笑みで接してくださる、あのテクニックを学ばなくてはと思う今日この頃です(笑)
Commented by aya_526 at 2015-03-24 07:06
ジャレットさん おはようございます^^
イイネありがとうございます。

ジャレットさんのお話は本当に楽しくて
ご主人の話も・・・
朝から大笑い、とても気持ちの好い一日のはじまりです!
おもしろい話もこころ優しくなれるお話も
ひきこまれてしまいます(*^^*)

Commented by mofu903 at 2015-03-24 11:49
スージーさん、こんにちは。
お気遣いありがとうございます。今は、「パニック障害」というほうが一般的になりました。たまたま、この病気治療の先駆者ともいえるT先生に診ていただいたおかげで、それほど長引かずに治していただけました。後年、娘がおなじ病気になったとき、先生に予約をいれたところ、四年待ち(!)と言われて諦めた経緯があります。
レディグレイお好きなんですね。私も大好き!矢車草のブルーが何とも言えず好きなんです^^こちらは、見た目は良く似ていますが、いただきもののマリアージュフレールのボレロです。スージーさんにかかると、ヘルスメーターはヘルタースケルター(懐かしい…)に変換されるのね♪ペースメーカーから、さらに大変身だわ(笑)
お母様世代の言い間違いはかわいいですよね、実害がないからほほえましく聞いていられます。
スージーさんのご縁でミルクママさんとお近づきに慣れました。ありがとにゃん(^^♪
Commented by mofu903 at 2015-03-24 22:14
tetteさん、こんばんは。
私もPCの前の飲食が多いので、ぶふっ、には気をつけてます。でも、そういう時に限って、夫がイミフな生中継をいれて来たり、妙なヘアスタイル(てっぺんはげ、後ろ寝癖カール)で目の前を横切ったりするのよ~
そうか、芸術だったんですね!
ピカソの絵と陽水の歌詞を同列に並べてくるあたり、tetteさんのセンスもかなりイケてます。
たとえば、「少年時代」、美しい歌声にうと~りしますが、心を落ち着けて聞くと、ワケワカメ。そんなん多いですよね(^_^;)
夫にも、ダメもとで作詞をすすめてみようっと(笑)
Commented by mofu903 at 2015-03-24 22:37
彩さん、ご無沙汰しております。
休んでばかりのブログに、おいでくださってありがとうございます。こんなしょうもない夫語録ですが、お役にたてたでしょうか。
私も、彩さんのお写真にいつも惹きつけられています。
クリスマスローズファンはたくさんいらっしゃいますよね。でも、私はこのお花にそれほど思い入れはなかったんです。
今回、彩さんの美しいお写真で、その真価に触れた気がしました。今年はぜったいに育ててみたいと、今からワクワクしてます!(^^)!
Commented by liberty-es at 2015-03-25 00:17
ジャレットさんこんばんは~♪
ププー^^笑わせていただきました~^^
(パニック障害は大変でしたでしょうに、大笑いなどして失礼!)
ご主人様が何を言わんとしているのかちゃんとわかるあたり
さすがご夫婦ですね。
何だかもっといろいろ聞きたくなりましたよ♪
ご主人様の名言集にして載せていただきたいです^^



Commented by miyabiflower at 2015-03-25 00:35
ジャレットさん
更新楽しみにお待ちしていました^^
ご主人、楽しい方ですね。
続編お待ちしています。
母も同じく、不思議な言葉を遣うことがあります。
今でも忘れられないのがもう30年前のこと、渋谷駅のホームで
「夕飯カレーだからブリーフ買って帰らなくちゃね」と言った時のことです。
「????」となりましたが、すぐにわかりました。
ジャレットさんわかります?
「ベイリーフ」に違いないと思いました。
「おかあさん、人がいっぱいいる所で変なこと言わないでよ。ベイリーフでしょ」と言ったとたん母は大爆笑。
それはそれでまた恥ずかしくて
もう恥ずかしいことこの上ない、という状況でした。
でも 電車に乗る前でよかったですよね。

それから私のパソコンだと二枚目の写真が見えないのですが・・・。
どんな写真なのかとっても気になっています^^
Commented by mofu903 at 2015-03-25 14:40
libertyさん、こんにちは。
いえいえ、「今となっては笑い話」って、よく言いますもの。うちの場合は特にそれが多く、そのほとんどが夫のおかげです。
以前、G県で車を大破させて救急車で運ばれた時も、看護師さんたちに、「ジャレ夫さん、えらい(苦しい)ですか~?」って呼びかけられて、「はい、私、偉いんです」って嬉しそうに答えてました(泣)
迷言集は日々更新中です。休んでばかりの私のブログとは裏腹に、絶好調です。
また機会がありましたら、聞いてやってくださいね(^_^;)
Commented by mofu903 at 2015-03-25 14:42
みやびさん、こんにちは。
こんな夫ですが、よそでは寡黙な人物で通っています。なのに、家ではやたらとしゃべるんですわ。しかも、たいていこんな感じのアバウト発言です。
お母様の「ブリーフ」には、吹き出してしまいました。
ご自分で大爆笑のお母様と、それを恥ずかしがってるみやびさんのご様子が目の前に浮かんできて、またひとしきり笑わせていただきました。ほんと、もしこれが電車の中で、たまたま乗り合わせていたとしたら、私、相当苦しい思いをしたと思います(笑)
写真がご覧になれなかったようで、すみません。編集ページで確かめたら、うっかりミスで、×になってました。つまらない写真で恐縮ですが、ちゃんと修正できているかしら。教えてくださって有難うございました<(_ _)>
Commented by milknyan1 at 2015-03-28 09:54
ジャレットさん。おはようございます(^^
すっかり楽しいブログのファンになってしまいまして♪リンクさせていただきます!
すみません。先にお伺いすべきところ・・・
もし不都合がございましたらお知らせくださいませ。

今後ともどうぞよろしくです。
Commented by mofu903 at 2015-03-28 23:07
ミルクママさん、こんばんは。
ご丁寧なごあいさつ、恐縮です。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)
Commented by bwrd at 2015-03-29 17:59
ジャレットさん、こんばんは!
久しぶりに訪問させていただきました〜^^
お母様だけでなく、ご主人様の笑える語録、楽しくてしようがないです!
「デストロイヤー」「ヘルスメーター」、、ア〜オモシロイ♪

「パニック障害」の時期がおありだったとは、本当に大変でしたね。。でも治る病気と聞いて安心しました。

ジャレットさんの文章は、いつも映画のような光景が目に浮かび
抱腹絶倒で、しばらく思い出しては吹き出してしまいます。
現実だからなおさらおもしろくて。。(福)

だけど、私もそうかも、、人のこと笑えないのです。

昨年話題になった小保方さんの英国の科学誌のことをずっと
「アートネイチャー」って言っていたわ(_ _;)
Commented by mofu903 at 2015-03-30 12:51
chioさん、こんにちは。いよいよお花見の季節になりましたね。
私、だいぶ以前、chioさんが、「四月はライラック色のイメージ」とおっしゃったことを覚えています。
それで、自分の誕生月でもある四月がもっと好きになったの^^
母の適当発言は、トシのせいと思ってあきらめていますが、夫はね~(^_^;)
周囲の努力(?)で、結局は通じてしまうから、直らないのかもと思い、最近では、「正しく話さないと聞いてあげない」という態度を取っています。
でも、今のところ効き目なし(-“-)
パニック障害は、我慢していてもつらいだけですし、時間がたつとこじれやすいので、変だな?と思った時点でお医者さんに相談した方がいいようです、何の病気でもそうですけれど。精神的なものは我慢していれば治ると思ってしまいがちなので。
アートネイチャー!(*≧▽≦)ノシ))
言い間違い一級認定させていただきました!
Commented by smilelife7 at 2015-03-30 16:39
だめです、笑いすぎたあ~(*≧∀≦*)
ブログ読んで、声だして笑うって、
なかなかないです。
すごい面白かったです。
そして、ものすごく、共感。
まさにうちの夫も同じです。
もういやです、私は。
優しく聞き流せませんので、たまに
シカトしてます。
それでもその壁を突き破って、耳を疑いたく
なるようないい間違いをしてきます。
心が広くなりたいと切に願っております。
ジャレットさんは、偉い!!!
Commented by marucox0326 at 2015-03-31 00:37
こんばんわ。

お久しぶりのコメント欄
開けてくださってありがとうございます^^
おつらい時期がおありだったのですね。
いいお医者様との出会いでよくなられて
こうして楽しい記事を読ませていただける・・・
まさに私にとっても幸運な出会いです。

それにしてもご主人さまの独特のユーモアセンス
(どこかおお真面目でおっしゃっておられる感も
否めませんが)素敵です♡
弟子入りしたいくらいですョ。

昔、うちの連れもパーキングの入り口で、
「ここ?駐車場?入りたいっ」と言って
カタコトの日本語を話す怪しげなアジア人と
化していたことを思い出しました。
Commented by mofu903 at 2015-03-31 01:08
ゆうこさん、こんばんは。
こんなしょうもない夫ばなしも、暴露できちゃうのがブログの素敵なところ(笑)
笑っていただいてなんぼです。ありがとうございます^^
壁を突き破って…耳を疑いたくなるような…そりゃ、かなりの威力がありますね。
ご主人のパワフルな言い間違いを、いつか是非、伺いたいです。
長年の経験から会得した私の聞き流し法は、夫がしゃべることを、「話」として聞かずに、「ノイズ」と認識することです(それでも、特に不都合はありません)。これが、私の心の広さの秘密~^m^
Commented by mofu903 at 2015-03-31 11:54
marucoxさん、こんにちは。
どんな病気でもつらいものですが、パニック障害にかかった当初は、今思い出してもつらかったなぁ。
「『体の病気なら手術という手があるけど、この病気はそれができないところが苦しい』っていう患者さんは多いですよ」という先生の言葉に、そのとおりだ~、と心底納得した自分でありました。
今でも、多少苦手なシーンはありますが、日常生活には支障なく暮らせています。先生はじめ、この病気に理解を示してくれた周囲の人たちには深く感謝しています。
と、いいながら、その舌の根も乾かぬうちに、(彼なりに)理解を示してくれた夫、その一恩人のズレっぷりを、ここぞとばかりブログのネタに^m^
弟子入り?オーマイゴッド!この地球に、オット星人はひとりで十分と思われます(笑)
「ここ?駐車場?入りたいっ」には吹き出しました。
でも、通じる(笑)お連れ合いのおかげで、私も英語が話せるような気がしてきましたわ(p゚∀゚q)
Commented at 2015-04-01 10:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-04-02 21:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mofu903 at 2015-04-03 00:31
2日の鍵コメさんへ
「鯵は鰯」ですと?いやいや 、鯵の存在意義を根本から覆してしまわれましたね(*≧m≦)
しかも、語尾の「やなぁ?」がいい味出しすぎです!
よくぞ教えてくださいました(笑)
さすが鍵コメさんのお母様、しっかり語録に残しておくことをおすすめします。
そんなとんでも発言にも、(比較的)冷静に対処している鍵コメさんに、わが娘の姿がオーバーラップいたしました。
マイムマイムの写真をとりながら、ヒヤシンス好きの鍵コメさんのことを、一番に思い浮かべましたよ。でも…美しいヒヤシンスをご覧になるたびに、タコチューを思い出しちゃうかしらと、ちょい罪悪感が。ごめんあそばせ(^_^;)
Commented by aya_526 at 2015-04-03 10:14
ジャレットさん おはようございます^^
またまた、ためになるお話ですね~♪
顔に見えるのも、柱の木目が幽霊に見えるのも・・・
私の場合、天井の木目が怖かった^^;
それは、人間として当たり前のことだったのですね^^
よかったあ。。。
いろいろなものをこんな風に並べてみると
なんだか楽しくなりますね~♪
でも、最後のヒヤシンスには驚きでした~!
タコ・・・にマイムマイム~!
ジャレットさんならではの一枚ですね~
当分、ヒヤシンスを見たら思い浮かびますね~(笑
でも、〆は素敵なブレスに変身^^
Commented at 2015-04-03 10:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mofu903 at 2015-04-04 12:06
彩さん、こんにちは。
天井の木目が怖かったお気持ち、良くわかります。私が子供の頃住んでいた家の天井にも、大きな渦巻の木目がありました。それが、一つ目小僧の目玉にそっくり。あおむけで寝ると目が合っちゃうので、わざと横向きに寝てたんですよ(笑)
よく熱を出す子で、発熱しているときは、周りのものやその影がどれもこれも不気味に見え、布団をかぶってしくしくしてましたっけ。そんなピュアだった自分が、懐かしいです^m^
ヒヤシンスは、私も意外でした。球根が大きかったせいか、びっしり咲きすぎて重みで茎が折れそうになったので、お花を間引いていたら…突然タコが出現(笑)
さぼってばかりの更新ですが、楽しみとおっしゃってくださってありがとうございます。
彩さんのお写真からは、花や小鳥、雲や木々の心が伝わってくるようで、いつも見入ってしまいます。想像力をかきたてられるお写真。私も楽しみにさせていただいてます^^
Commented at 2015-04-07 15:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Sablier365 at 2015-04-08 22:59
こんばんは~ジャレットさん。
ご無沙汰しています。
ニヤニヤしながら読み終えて、やっぱりこちらが無くっちゃぁ~という感想です。
楽しいお話しありがとうございます♪
旦那様の問題発言笑いました。実はその行動バ-ジョンのオットがおります。
笑えなくなってきていまして…。
この間、親戚の誕生会に勿体振って冷蔵庫から出してきたホ-ルケ-キが
テ-ブル手前で1回転。絶句しました。あ~んもうっ!どうやったらそうなるの!?でした。
でもジャレットさんも被害を受けられてるのねとなんだかほっとしました(笑)
几帳面の薬が売っていたら貯金を崩しても買います!
先ずはジャレットさんの旦那様の爪の垢譲って下さいませ(笑)
そして、またまた楽しいお話し聞かせてください(*^^*)
Commented by mofu903 at 2015-04-10 20:58
akiさん、こんばんは^^
楽しかったとおっしゃってくださってありがとうございます。
akiさんのご主人様は、問題行動が多くていらっしゃるようで…(笑)
発言と行動、どちらが被害甚大なのか? 一回転したケーキは、またちゃんとお皿に戻ったのか? などの疑問を抱きつつ文字を追っていたら、「もったいぶって」という表現が目に入り、それが妙に夫の姿とリンクしてしまって、吹き出しそうになりました。
本人は大まじめでやったり、言ったりしているところが、なんとも…ですねぇ。
わが家と同じということでホッとなさるのはちょっと危険かと思いますが、お互い、「ユニークな配偶者のおかげで、楽しく暮らせる」と、いいほうに考えることにしましょうか(´u_u`)
残念ながら、夫の几帳面は場面限定です。それ以外は、几帳面どころではありません。
先日は、スプーンをとってくるのが面倒くさかったらしく、手近にあったペンで、コーヒーをまぜまぜしてました。いい加減にしてほしいですゎ~(キΦдΦ)
Commented at 2015-04-12 00:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mofu903 at 2015-04-17 19:23
12日の鍵コメさんへ
こんばんは。お返事がおそくなってしまって申し訳ありません。お祝いのお言葉をありがとうございます。
今年も覚えていてくださったとは!感激です~(*^_^*)
夫は、自分ではおかしなことを言っている自覚がないみたいで、しかも、周囲がなんとなくわかってあげちゃうので…たぶん、一生、こんな感じで終わってしまいそうです(>_<)
まぁ、どちらにしてもたいしたことは言ってないので、これからもテキトーに聞き流しておくことにしますわ^m^
そうそう、タコさんウィンナーですよね、どうみても。
何の気なしに円形に並べてみたとたん、頭の中でマイムマイムの音楽が流れだして、しばらく止まりませんでした(笑)
私めの腕ではあまりにお見苦しいので、娘を借り出しました。
キレイとほめていただけて、娘、恥ずかしがってます。
いつもお優しいコメントを有難うございます^^
Commented at 2015-04-29 11:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-05-14 18:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-05-16 17:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-05-19 08:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mofu903 at 2015-05-20 00:12
16日の鍵コメさん、こんばんは。コメントをありがとうございます^^
素敵!って言っていただきましたが、実はぜんぜん素敵じゃなくて申し訳ないです。ははは(^_^;)
あ、執筆をはじめられたのですね!楽しみだなぁ。いつか拝させていただけたら…首を長くしてお待ちしています。
予想外の白バラには感動でした。たぶん、接ぎ木の関係でこの色が出てきたのだと思いますが、あまり植物学的(?)に考えない方が面白いかもですね。
娘のことも、祈ってくださってありがとうございます。おかげさまで少し落ち着いてきたようなので、私の気持ちも徐々に上を向いてきました。鍵コメさんのお母様も、順調にご回復のようで、本当に良かった!
八面六臂のご活躍で、しかも毎日ブログ更新中の鍵コメさんを、私も見習わせていただかなくては。励ましのお言葉、感謝です(*^_^*)
Commented by mofu903 at 2015-05-20 00:57

19日の鍵コメさん、こんばんは。お優しいコメントをありがとうございます。
鍵コメさんも、バラ好きさんでいらしたんですね。鍵コメさんのお撮りになる花はどれもみんな美しすぎてため息をつきながら拝見していますが、京成ばら園のバラのお写真は特に圧巻でした!(^^)!
『ディスタント・ドラムス』――教えていただいて、早速検索してみました。そうそう、これ、これなんですよ!!ずっと名前が知りたいと思っていたので、ものすごくうれしかったです。ますます愛着が深まりました。今日から、「ディスタントちゃん♪」と呼びかけています(笑)
娘のこともお気遣いいただいて、有難うございます。おかげさまで、少し快方のきざしが見えてきました。この春は無理でも、秋のバラは、一緒に見に行きたいな(*^^)v
Commented at 2016-07-19 02:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード