夫語録

b0209810_12311271.jpg



夫の、特殊なこだわり(物を整列させたがる)については、前に書いたことがあるので、

読んでくださった方もおいでかもしれない。

しかし、その独自の几帳面さとは裏腹に、夫は、元来、えらく無頓着な人間であり、

それはおもに、言語面に著しい。

つまり、全発言のうち70~80%は、適当にしゃべっていると思われる。


たとえば――。

私たちがときどき利用する近所のカフェは、営業日が変則的だ。

しかも、やたら休みの日が多い。

「今日は、やってるかな?」

ひとりごとを言ったら、耳さとく聞きつけた夫が得意げに教えてくれた。

「カフェの壁に、やってるって書いてあったよ」


いやいや、さすがに、壁に書いてあったら落書きレベルでしょ。

【カフェのドアに、<open>の札が下げてあったよ】

と、夫は、そう言っているつもりなのだ。



こういうこともあった。

お盆の迎え火をたいたあと、水を撒いて後始末をしている私と娘を尻目に、

「じゃあ、お父さんは、先に家の中で、迎え火を焚いてるからね」


自分ちを火事にするつもりか。

ここは、【先に家の中に入って、お線香をあげているから】

と言うべきである。


「ゆうべのタベー、食べれるかな?」


と、問う夫の指は、カレーの鍋をさしている。

もちろん、

【ゆうべのカレー、食べられるかな?】が、正しい。



このように、夫にかかると、

カウチポテトは河内(かわち)ポテトになり、ポテトチップスはチップチョップスになり、

八百屋は野菜屋になり、KYは、YKKになる。


長年、適当にものを言われ続けていると、自然に脳内補完が行われて、夫が何を言わんとしているか、

すぐにわかるようになってしまった。

そのため、私と娘は、呆れたり面白がったりしながら、不都合を感じることもなく過ごしている。





だが、過去にさかのぼれば、不都合ありまくりの出来事もあった。

二十年近く前、私はパニック・ディスオーダー(パニック障害)を患っていた。

最近ではかなりポピュラーになった感のある病気だが、当時は、このカタカナの病名自体、

耳慣れないものだった。

幸い名医に出会えたおかげで、発作もほとんど出なくなり、いわゆる寛解状態になったころ、

義母の三回忌があった。


親戚、知人一同、車に分乗してお寺に向かうことになったが、パニック持ちのせいで

車が苦手になっていた私は、ひとりだけ電車で移動することにした。

無事に法要を済ませてから、会食の席にうつったのだが、みんなの私への態度が、

いつもと違う。いわば、腫物に触るようなのだ。

(体調を気遣ってくれてるんだな)と胸の内で感謝しつつも、常日頃、虚弱な嫁のイメージを

与えているので、名誉挽回のために、ここぞとばかり元気そうにふるまった。

しかし、テンションを上げれば上げるほど、座が白ける。

ことに、歳のいった伯母たちは、いつもの饒舌が嘘のように、終始うつむき加減で、

気もそぞろな様子だった。


そんなこんなで、家に帰ったらどっと疲れが出てしまった。

のろのろと喪服からスエットに着替え、お茶で一息入れてから夫に問うた。

「おばさんたち、ばかに気を遣ってなかった?私の病気のせいかな?」

夫、答えていわく、「大丈夫、行きの車の中でちゃんと説明しといたから」

「……ふーん?まぁ、それなら良かったけど」


「『ジャレさん、何の病気なの?』って聞かれたから、

パニック・デストロイヤーです』って教えたら、みんな、すごくびっくりしてたよ」



はぁ??

そりゃ、びっくりするだろうよ!

みんなは、私に気を遣っていたのではなく、嫁がいきなり暴れ出しやしないかと、

気が気ではなかったのだ。

さすがにこの時ばかりは、夫に四の字固めをかけてやりたくなった。




夫の適当発言は、一向に治まる気配がない。


今朝も、バッグに図書館の本をパンパンに詰め込んで帰ってきた夫から、

例の不定期営業のカフェについて、報告があった。

「壁のカペは、休みでした」


b0209810_12491263.jpg


[PR]
by mofu903 | 2015-03-22 12:34 | 家族