子供は天使、親は神様?

b0209810_1184911.jpg

デパートで買い物をしていて、ある光景に出くわした。
2、3歳くらいの女の子が、ショップの中をちょこちょこと行ったり来たりしている。
思わず微笑を誘われたが、すぐに、口もとが固まってしまった。


その子が、ショウウィンドーに並べられたアクセサリーを、次から次へと、
離れたところにある客用テーブルに運んで行くのだ。
さらに、それをちっちゃな手でいじりまわしている。



思わず、「そういうことをしちゃ、ダメよ」と諭したくなったが、
親御さんを差し置いて叱るわけにもいかない。
お父さんが一緒にいて、わが子の行動を容認しているのだから。
いや、容認とも違う。
「わー、きれいだねェ。きらきらしてるねェ。
だけど~、きれいなのはわかるけど~、もとの場所に置いておこうねェ」


なんて言っている。


なるほど、これが噂の、<叱らない育児>なのね。
叱らない育児では、まず、子供に共感することが大切らしい。
その<共感>がこののち、躾へといかなる展開を見せるのか。

興味津々で見ていたが、何のことはない。
子供の目線に合わせてしゃがみこみ、温和な笑みで、
「本当に、きれいだねェ。パパもそう思うよぉ。でも、元の場所に置いておこうね?ね?」
と繰り返すばかり。

b0209810_11115942.jpg




 その背後で、若い女性店員さんがふたり、
一見、『ほほえましく見ています』的な微笑を浮かべて立っている。

が、読心術とは縁のない私にも、
ひきつり気味の笑みとうんざりしたような首の傾げ方を見れば、
彼女たちが相当<キテル>のは、察しが付く。


お父さん、わかってない。
社会のルールを教えて他人に迷惑をかけないよう、親はときにわが子を叱責するが、
目的はそれだけではない。
わが子が人さまに疎まれないようにするためでもある。
幼いわが子が負の感情を背負わないよう、気配りするのが親心ではないか。


 しかし、このお父さんのように、万人がわが子に愛情を感じている、と考えている親がいる。

確かに、おしゃまなワンピースを着て、ふわふわの髪をアップにした幼女の姿は、愛らしい。

でも、この子を「無条件で可愛い」と思うのは、両親と、じーじ&ばーばくらいなものだろう。


b0209810_1185646.jpg


 テーブルの上には、すでに何点ものアクセサリーがごちゃ混ぜ。
これをまたもとどおり、絡まったチェーンや値札を直して、
ウィンドーに整然と並べる店員さんの手間を考えると、惻隠の情を禁じ得ない。

もちろん、子供に罪はない。

いただけないのは、「共感」と「迎合」の違いが判らないお父さん、
そして、店の奥で、別の店員さんと談笑しながらショッピングを楽しんでいるお母さんだ。

彼女はときどき振り返って、夫と娘のやりとりを満足げに眺めている。




 子供を叱らず、共感しつつ諭すというなら、手を抜いてはいけない。

たとえば、

「ミウちゃんは、お片付けが嫌いだよね?でも、ミウちゃんがこれで遊ぶと、
あそこにいるお姉さんたちが、お片づけしなくちゃならなくなるんだよ。
お姉さんたちはお給料をもらって働いているから、
このお店にあるものをいつもきちんとしていなくちゃならない。
とっても忙しいお仕事なんだよ。

 今、お姉さんたちはこう思ってるかもしれない、
『私たちが散らかしたんじゃないのに、どうして私たちが片づけなくちゃならないの?』って。

ミウちゃんだったら、どう思う? 腹が立たないかな?

それから、一番大事なのは、これは、ミウちゃんのものではなくて、
お店のものだっていうことなんだ。
お客さんがお金を出して買って、初めてその人のものになる。
だから、よその人のものを触るのはやめようね。

ミウちゃんだって、自分の大事なおもちゃを勝手にいじられたらイヤだろう?」



 これでミウちゃんが、納得してくれるかどうかわからないが、
お店のお姉さんたちはある程度、納得してくれるんじゃないかしら。



 まあ、こんなふうにごちゃごちゃいう前に、どうして

「お店のものを勝手に触っちゃだめッ!」

の一言で済ませられないのか、不思議でならないが。


b0209810_11111593.jpg

[PR]
by mofu903 | 2012-08-11 11:48 | 私感・雑感 | Comments(19)
Commented at 2012-08-11 13:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-08-11 13:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cool-witch at 2012-08-11 15:41
見守ることが愛情だと勘違いしてる親は蔓延してますね。
怒ることと叱ることは、これまた違いますが、
世間から怒られないように、きちんと叱ってやることが愛情です。
って、ここで青筋立てて怒っても、聞こえない?
昔の大人は、叱ってくれたよなぁ。
だからこんな私でも顔を上げて歩いていられる。
先ずは「親の躾」!
Commented by b_fleur at 2012-08-11 18:03
私も日頃若い親御さんを見ていると、子供の意思を尊重したいとか、子供が自ずから気づくのを待つという理由で、かなり好き放題させている方と、子供に対して乱暴な言葉で怒鳴っている方と両極を見かけます。どうして、普通の言葉で一言ピシッと言えないのか・・・
それから私が嫌いな叱り方は、「ooさんに叱られるよ。ooさんが怒ってるよ。」です。どうして「いけないことだからダメよ」と言わないのでしょうか・・・私、決して怒りんぼではありません(笑)が、私も最近似たような
場面で腹立たしく思ったことがあって(@_@)
再度、怒りが込みあげちゃいました^^;
Commented by mofu903 at 2012-08-11 21:28
鍵コメさん、こんばんは。
あ、そうですね、鍵コメさんは普段、接客をしておいででしたね!
「良い音だね~こっちはどうかな?」って、そのお父さん、暑さでやられちゃったんでしょうか。
そして、「我が家は放任なんです!」ですと?
それは、放し飼いというものでしょう(^_^;)
ほんとにね、最近の一部の親御さんは、親というより、子供のオトモダチみたいですね。
クレームをつけられて、初めて気づいたというのならまだしも、クレームをつけられたら、逆切れ。
ウチの王子(姫)はひとつも悪くないもん!って・・・。
その通り、悪いのはあなたの躾、って、心の中で思ってます(`‐ω‐´)
やっぱり、お店の方は、傍若無人な親子連れがいても、なかなか注意できないものなんですね・・・ご心中お察しします(ノω・、)

お母様のお誕生日の記事、読ませていただきました。
素敵な親子関係に、こちらまで嬉しくなりました^^
お母様にとっては、なによりのプレゼントですよ~、私も、娘が「髪を切って上げる」なんて言ってくれたら・・・いやいや、任せられん(笑)


Commented by つばき at 2012-08-11 23:11 x
ジャレさん、こんばんは ♪( ´▽`)

…。

いますね。こういうイタイ親御ちゃん。
ありがとうも、ごめんなさいさえも教えないという、おまけ付き。
昔は、世間様が一緒に子育てをしてくれましたよね。
叱ってくれて、ありがとうでした。
私は、どうだろ?
娘はビシバシ叱る(ほぼ怒る)状態だったかな?私の如き至らない母親でも、子どもが、ひとの迷惑になっちゃいけないと思う
のです。

将来、そのお嬢ちゃんが親になって…。

その繰り返しなのでしょうか。

九州の母親は、すぐこどもを叱ると言われますが、ガチで厳しいことも愛情。
甘やかしは、こどものためならずデスね。

さてさて、オリンピック疲れ?な私ですが毎回、ジャレさんコラムを楽しみにしています (^-^)/

ps
ひめのセレブログもですヽ(´o`;
Commented by tette at 2012-08-12 00:06 x
叱らない育児って、誰が言い出したんでしたっけ。
(責任者デテコイ)
その結果を追跡調査した本が出たら
もっと売れると思いますが、誰が追跡するねんって話ですわね^^;
そう、子供に罪はない。
子供がどんな悪さをしていても、親が「ごら~っ!!」って怒鳴ってくれてると一瞬にして「ほほえましい風景」になるのにね。
ふと、思ったんですけど、ひょっとしたらこのお父さんも
お母さんも叱られない育児の申し子でしょうか。
ただ空気が読めないだけかな。。
知らぬが仏って本当に最強ですわね。。。
自分に孫ができた時は親(子)が叱らなくても正しく叱れる
強靭なおバーちゃんになりましょうぞ!!
Commented by ジャレット at 2012-08-12 08:40 x
cool-witchさん、おはようございます。
そうそう、昔は、叱り上手なおじさん、おばさんがいてくれましたね。
悪い行為だけをバシッと注意して、本人のことをねちねち攻撃したりしない…お見事でした。
叱られた子供の親も、叱ってくれてありがとうという気持ちになりましたもの。
この頃では、「ダメよ」のひとことでも、親御さんが血相変えて反撃してくるのでうっかり注意もできません(経験済み)
あれ?これって、ヤがつく、あぶない稼業の方々みたいだわ(笑)
でも、細やかな気配りをしながら子育てしている親御さんもたくさんいらっしゃいますものね。
そんな親子のやりとりは、本当に心が温まります^^
「親の躾」、必要だわ~。
でも、親御さんたちの自己中もここまで来ちゃったら、もう(行く末を)見守るしかない?(^_^;)


Commented by ジャレット at 2012-08-12 09:20 x
東路さん、おはようございます。
ホント、両極端!
もしや、頭の中にお花畑が?と思われる親御さん、
片や、胸中にブリザートが吹き荒れているような親御さん。
両方見かけますね、それもかなり頻繁に。
どちらにしても、子供はたまったもんじゃないわ(><)
「普通に叱ればいいのに・・・」って、私も何度思ったことか。
でも、若い人がよく言いがちな、「フツーってなに?」とか聞かれちゃったら、あわあわしちゃって説明できないかも。ナサケナイです(^_^;)
ナサケナイといえば、「○○さんに怒られる」という叱り方。
叱るのに責任転嫁してどうすんねん、って思いますよね( -'д-)y-~
お優しい東路さんにして、「怒りがこみ上げる」とおっしゃるほどですから、よっぽど腹にすえかねることがおありだったんでしょう・・・
嘆かわしい親子が目立つ昨今。
私、いっそ、「ほら、あの怖いおばさんが睨んでるから、やめなさい」と言われるような存在を目指そうかしら(笑)
Commented by aki at 2012-08-12 10:52 x
ジャレットさんおはようございます。
ジャレットさんに共感です。頷いて読んじゃいました。
叱らない育児のツケは、その子が大きくなってからしっぺ返しが来るような気がしています。
親も、怒ることから逃げたいのか!?と思うこともあります。
パワーとタイミングと言葉を選んで、的確に叱ることの大切さ感じます。
なぁんて偉そうに子育てもしていないのに言える立場じゃないんですけど。。。感じます。
悪い子供の側に立ってそれを正当化するモンスター。自分たちだけが良ければいいって考えどこから来たのでしょうね。
年上を敬う心や他人に気遣う心が薄れている社会とも関係があるのでしょうね。

Commented by ジャレット at 2012-08-12 15:37 x
つばきさん、九州のお母さんは叱りますか?それは頼もしいわ^^
私の時代の人間は、武田鉄矢さんのお母さんが、一番に思い浮かぶんじゃないかしら。
子供が小さいうちはまだいいんです。
ある程度の年齢になってくると、叱られるほうもうっとうしいでしょうが、叱るほうも多大なエネルギーを消費しますよね。
このあたりを乗り切れれば、子育ても一段落というところでしょうかv

つばきさんは、「至らない母親」どころじゃないですってば。
全力投球の姿を見ているからこそ、お嬢さんたちも健やかに育っていらっしゃるのよ(^_^)
私はもっと力強い生き方を子供たちに見せたかったのですが、ヘタレなもので・・・そこは、ちょっと失敗したかな。
でも、叱るのは、そりゃもうバッチリ叱りましたぞ(笑)

いつもご覧になってくださってありがとうございます。うれぴぃ。
ひめは、今頃旅の空?お仕事頑張ってほしいですね(*^_^*)
Commented by ジャレット at 2012-08-12 15:57 x
tetteさん、ホントにね~私もいつも新説が出るたびに思うんです。
育児法、教育法、健康法、治療法、その他・・・なにかにつけて追跡調査って大事だと思うわ。
ゆとり教育も、ひところはずいぶんと世論の支持を受けましたものね。
それが今は「ゆとり」が、KYの代名詞みたいになっちゃった・・・
確かに、何事もやってみなくちゃわかりませんが、「叱らない育児」は、私たち世代から見たら、早々に首をかしげたくなるわ・・・火を見るより明らかざんしょ?
かく言う私も、自信をもってよそのお子さんを叱れるか、と聞かれたら、ええ、まあ、コホン。とか言ってごまかさざる負えません(汗)
わが孫なら、と気負っても、お嫁さんの子育てに口を出すばあさんなんて言われたくないし。
こりゃ、腹をくくらねばなりませんな、同志よ!(どうしよ?)


Commented by ジャレット at 2012-08-12 22:45 x
akiさん、こんばんは。
共感してくださってありがとうございます^^
私も偉そうに言える立場ではないんですが、最近、立て続けに目に余る親子さんを見かけてしまって、暑さが倍増(^_^;)
病院でのピコピコサンダルとか、スーパーでのギャン泣きとか、勘弁して~って言いたくなります。
そうそう、先日、デパートできぃぃぃぃ~っという奇声をあげている子がいて、みんながびっくりして振り返っているのに、お母さんばかりか、おばあちゃんまでまったく意に介していない様子。これぞ、自分たちさえよければ、の典型でした。
そしたらね、ショップの店員さん(おばさん)が、これみよがしに両耳をふさいでイヤ~な顔。
おまけに、叫ばせたまま去っていく後ろ姿に向かって、立てた親指をクイッと下に。
目撃した私、思わず手をたたいて笑っちゃいました。
娘にたしなめられて、はっと気づいた次第・・・でも、痛快でしたよ(笑)

年上を敬う心。そうそう、昔はおのずと長幼の序というものがありましたよね。古すぎ?^^
私見ですが、先生に対する子供たちのタメグチが当たり前になった頃から、教育はだんだんおかしくなっていったような気がします(-ω-;)
Commented by マイユ at 2012-08-13 13:40 x
ジャレットさま
はじめまして、akiさんのブログ愛読者のマイユと申します。
ときどき、ジャレットさんのブログに訪問させて頂いております(^^

今回のお話、街中でよく見かける光景だと思いました。家と外を混同している親は子も同じ・・子は親のコピーですよね、こわいなぁと思います。
一方で、それを注意しない、企業・お店にも問題があるのでは、と思うことたびたびあります。お店側が、されては困ることをはっきりアサーティブしないと、思わぬ事故につながりかねません(>< 
自分の幼少時代を振り返りますと、お店のものを勝手に手にとってはだめ、大きな声を出さない、電車に乗ったらお靴を脱ぐこと、など外出時の約束ごととして、口うるさく言われ続けた記憶があります。また食事のマナーも・・当たり前の常識ですが、今、こういうことは教えられないで育つのですね。私には子がおりませんが、他者への思いやりを知らないで育ってしまうこと、気の毒だなぁと思ってしまいます。
Commented by ジャレット at 2012-08-13 20:41 x
マイユさん、はじめまして。
ご来訪、そして、コメントをありがとうございます^^
子供のころは、私もよく「~~しちゃいけません」と言われたものですが、「いけません」と言われたことは、「ああ、こういう理由でいけないんだな」って、子供なりに推測して納得していたような気がします。
もっと生意気になってくると、「どうして、ダメ?」って、しつこく聞いてうるさがられたこともありましたが、おおむね自分の親は、それほど理不尽なことは言わないはず、と信用していました。
「叱る」「叱られる」には、普段からの信頼関係が大事、ということですよね。
昔はよく叱ってくれる大人がいましたが、それは、傍に当然叱るはずの親がいないときに限られていたような。
逆切れする親御さんも多いでしょうし、お店側もなかなか毅然とした態度をとれないようですね。
でも、ビシッと言ってくれるお店だったら、私、きっとヒイキにしちゃうと思います^^
本当にマイユさんの仰る通り、これからの長い人生を「自分中心」で突き進んじゃうお子さん達が気の毒です。
どの子にも、人との繋がりにおいて、情愛豊かな人生を手に入れて欲しいですものね。
Commented by masupian at 2012-08-13 23:55
プラハからこんにちは  ♪

 そちらは、夜中なんでしょうね。
 無事、到着しました!
 こちらは、若干寒いですので、長袖を着ています。

 私もこんな光景を日本で良く見かけます。
 ん?!
 海外では、あまり見かけません。
 皆さん、厳しく注意されますからお子ちゃま事態が大人しいですし、
 暴れたり叫んだりするのを見た事がありません。

 褒める事は良いと思うのですが、時と場所を間違えるとお子ちゃまにとって
 将来プラスになるのか疑問です・・・(汗)
 将来日本をしょっていって貰わないといけないから、頑張って欲しいですね。

 あらぁ~。
 つばきお母様・・・。
 お元気でいらっしゃるんですね。 良かった!
 ブログを止めてしまわれたのかとずっと思っていました。
 コメントしましたが、スルーでしたので・・・(涙)


 
Commented by ジャレット at 2012-08-15 23:54 x
ひめ、こんばんは。
プラハからのコメント、ありがとうございます!
無事ご到着とのこと、ホッとしました^^
少し寒いのですか?ちょっとうらやましい~
お天気はどうでしょう。
お帰りになったら、素敵なお土産写真をアップしてくださることと、楽しみにしています。
お仕事、お忙しいと思いますが、頑張ってくださいね(*^^)v

そうそう、私も海外では、奇声(歓声ではなく)を上げている子供に出会ったことがありません。あの「きぃぃぃぃ~!!」は、日本人だけですね(^_^;)なんとかならないのかしら・・・

お母さんにパシッと叱られた子供が、小さい声で「ごめんなさい」を言う。
すぐに、あったかい笑顔で手を差し出すお母さん、その手につかまるお子さん、そんな親子を見かけた時は、本当にすがすがしい気持ちになります。
叱る、と一口にいっても、なかなか難しいのですよね。

今回のご旅行も、スケジュールが詰まっているのでしょうね。
どうぞ、ご自愛くださいね。お帰りをお待ちしています(*^_^*)


Commented by suezielily at 2012-08-16 10:47
グッモーニン(さーや様のお声で再生)、タイヤ泥棒猫ですニャ。。。お人形とアクセの写真素敵ですね。
似たような状況ありましたよ。スーパーの雑誌棚で女の子が子供用の雑誌か漫画を付録を床に置いて座り読みしていて、傍には母親とおばあ様らしき人々。若い母はともかく年長の身内の前で、躊躇したけど「あらー。付録床に置いたら駄目よ」と言ったら同じ事をその母祖母2人が今気づいたというかんじで子供にリピート。おしゃべりに夢中になっていたのですね。おばあ様はご近所の知人だったかもしれないけど。
Commented by ジャレット at 2012-08-17 10:22 x
suezielilyさん、グッモーニン!
タイヤは、うまいことゲットできたかニャ?捌くルートは確保してあるかニャ?(笑)
写真、褒めて下さってありがとうございます^^
アクセサリーは、娘のチープなガラス製品がどっさりこ。
でも、ガラスってきれいですよね。私も娘時代に買ったおもちゃ、今でも大切にとってあります(^_^)

最近は立ち読みではなく、座り読みが多いですよね。
どっしり腰を据えて図書館とかマンキツ感覚なのかしら。
でも、保護者×2を目の前にして注意できたsuezieさんはあっぱれです!
親御さんは結局、そばにいるだけで子供の行動に目が行ってないのね。それじゃ、単なるツレだわ~(^_^;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード