とっぴんぱらりのぷう

b0209810_13514166.jpg


「とっぴんぱらりのぷう」

「どっとはらい」

「いちごさけた」

「むかしとーびん」

 こういったことばをご存知なら、あなたは昔話がお好きに違いない。

なんのおまじない?と思われる方も多いと思う。

 これらは、昔話の語りの最後、「めでたしめでたし」と同様に使われる、〆のことばだ。

民話の宝庫である東北地方に多いが、それ以外の地でも、さまざまな形で伝承されている。


b0209810_13515963.jpg



このあいだ、東京にしては、かなりの大雪が降った。

芽を出したての水仙の鉢はすっぽり埋まって小さな白いドームになり、

屋根に積もった雪は、庇からずっしりと垂れ下がった。

 その夜更け、布団に入ってほとんど眠りに落ちかけたとき、『ドッスーン!』という音にびっくりして

目覚めた。

屋根の雪が落ちた音だった。

 だれかが重たいものを庭に放り込んだようなその音が、

夢うつつの私を、ある物語に結び付けた。


 東北の民話「かさこじぞう(笠地蔵)」の中に、

貧しいおじいさんに笠をもらったお地蔵さまたちが、深夜に老夫婦の家を訪ねて来て、

お礼に年越しのごちそうがどっさり入ったカマス(藁のむしろを二つに折って作った袋)を、

どっすーん、どっすーんと置いて行く、そんな場面がある。

「ドッスーンは確かに、あの音だわ」とぼんやり考えながら、眠りについた。



 このように、たまに昔話のワンシーンに出会うことがある。

いつだったか、竹林を歩いていた時のこと。

日没前の、ひときわ輝く陽光を受けた一本の竹の節が、黄金色の光を放っていた。

それはそれは、眩しく美しく、その中には、まさしく幼いかぐや姫が座っているに違いないと

思えたのだった
 

また、宍道湖で、夕映えに染まったひとひらの雲を目にした時のことも忘れられない。

次々と色を変える薄衣のようで、天女が忘れたという天の羽衣もかくやと思われた。

 
そんな時は、ちょっと大げさだが、

「遠い昔の物語」が生まれる瞬間に立ち会えたような気がして嬉しくなる。


b0209810_13521927.jpg



まだ実家にいたころ、松谷みよ子さんの『昔話12カ月』という、

その月にちなんだお話がどっさり詰まっている文庫本のシリーズを持っていた。

 
幼稚園に行っていた甥っ子がそれに興味を示したので、一度読んであげたら、

すっかりファンになってしまった。

遊びにくるたびにせがまれて、どのくらい読み聞かせたことか。

 
その中に、桐の花が咲く谷のお話があった。

甥が特にそれを好んだので、繰り返し読まされたものだ。

最後の、「とっぴんぱらりのぷう」も、お気に入りだった。



 今年三十になる甥には、二歳の娘がいる。

その子に、桐の花にちなんだ、ちょっと古風な命名がなされた時は、

珍しい名前をつけたなぁ、としか思わなかったが、

これを書いているうちに、徐々に当時の記憶が戻ってきた。


「桐の谷のお話、覚えてる?」と、今度、甥が訪ねて来たら聞いてみようと思う。

現在の彼の様子からするに、十中八九、「え、それって、何だった?」という答えが返ってきそうだが。



 「とっぴんぱらりのぷう」、と物語が終わっても、

少しのあいだ、うっとりと夢の後ろ姿を追っているような子供のまなざしが好きだ。

小さかった甥も、姪も、息子も、娘も、昔話を聞かせた後は、決まってそういう目をしていたっけ……

と、懐かしく思い出している。
                                   


b0209810_1351997.jpg

[PR]
by mofu903 | 2012-03-03 14:11 | 私感・雑感 | Comments(16)
Commented by bwrd at 2012-03-03 15:59
ジャレットさん、こんにちは!
今日は、おひな祭りでしたね♪
私は来週から出張を控え、この美しい日本の歳時を通り過ぎるところでした(悲)

東北生まれの私、恥ずかしながら、『とっぴんぱらりのぷう』知りませんでした(>_<)
なんだか、つぶやいてみるとかわいい響き。使うことにしよう!(笑)
日本の昔話か〜、TBSの日本昔話が好きでよく見ていました。。。
また見たくなったわ^^
やっぱり、ジャレットさんは、詩人ですね♡いろんな音や、景色に心が
さぁ〜っと色づく感じが。

素敵なおひな様と梅の花で、カチコチしていた気分がほぐれました〜
ありがとうございます^^/
Commented by ジャレット at 2012-03-03 21:16 x
bwrdさん、こんばんは。
とっぴんぱらり、かわいいですよね。
私はこの言葉を知ってから、ますます民話が好きになりました(^^♪
日本昔話、ごらんになってました?
声優さんふたりの語りが独特で、番組が終わった今もはっきり思い出せるほど(笑)
オープニングの歌も耳に残っています。
♪坊やぁ~良い子だ、ねんねしなぁ~
音はずしてますね、すみません^_^;

音や景色に心がさぁ~っと色づく…この表現こそ素敵です!
もったいないお言葉、忘れないようにしようっと^^

来週からご出張なんですね、お疲れ様です。
お気をつけていってらっしゃいませ。
お忙しい中、コメントをありがとうございました❤

Commented by tette at 2012-03-04 02:41 x
ステキな親王さま。ジャレ家の方ですか?
ふくよかなお姿ですね~ 髪型がチャーミング♪
(ブログパーツもだ~!)

とっぴんぱらりんのぷう これだけわずかに記憶してます。
方言とのことですがそれぞれの名詞の意味はなんだろう・・・
とっぴん ぱらりん ぷう
三つ子の名前みたい・・・(*^_^*) おっと話がそれた。。。

想像力豊かなジャレットさんなら、読み聞かせだけでなく
新しいお話をジャカスカ創れそうではありませぬか?
落語のように現代版を切に希望いたします。
(署名は後日ゆ○パックでお届けします)
雪の落ちる音って多分聞いたことないですが
無機質な感じがしないような。
BIGFOOTの襲来??!とかビビッてしまいそう・・・
傘地蔵はほっこりするお話でしたね。好きでした。
お地蔵さん見るたびに思い出してたから一番のお話かも。
甥子さんも心豊かな青年になられて・・・心の栄養バッチリ身になって。叔母さまに功労賞授与いたしますm(__)m
Commented by mofu903 at 2012-03-04 13:19
tetteさん、お気に入りのお雛様は手に入りましたか。それともまだじっくりと選考中でしょうか。
段飾りはそりゃあ華やかですが、飾るのがたいへんですものね。
私は楽がしたかったので、娘のお雛様は親王飾りでよろしく!
と指定した結果、こちらになりました。
そうですね、髪型がちょっとユニーク^m^
娘も気にいっているので大事にしています。
大事にし過ぎて、今年は出しませんでしたの(^_^;)
これは、きょね~んの写真です。
手軽な親王飾りの意味ないじゃん(T_T)

とっぴんたちは三つ子でしたか!
tetteさんだったら、どの名前っぽい?
私はたぶん、ぱらりんかしら(笑)

お話、じゃかすか作れると思います。ただし、受け入れられないと思います。
tette編集長に校閲をお願いすれば、何とかなりそうかしら?
完成したらUでお送りしますわね(笑)

うわっ、功労賞!うれしいなぁ。あざーす!!
Commented by noamenoniji at 2012-03-04 14:07
こんにちは。
まあ!なんて可愛らしいお雛様なんでしょう♪
お顔がふっくら福々しくて、お雛さまのほうはヘアスタイルが今若者の間で流行っている(おばちゃんの眼差し)ツインテールかしらん♪
現代の雅な(?)お雛様ですね。
見せてくださってありがとうございます(●^o^●)
なんだか最近お願い事ばかりしてますね、私・・・^^;

さてさて、「とっぴんばらりのぷう」
聞くと思わず笑ってしまうおもしろいフレーズですね。
どこかで聞いたことがあるようなないような、なんか懐かし響きを感じてしまふ(笑)
「どっとはらい」「いちごさけた」「むかしとーびん」これは残念ながら初耳でした(>_<)
これらは全部昔話のしめくくりに使われる言葉だったんですね。
私も使ってみようかしら(笑)

日本むかしばなし、私も大好きでしたよ~
市原悦子さんの独特な語り口調が心と耳に残っています。
何役も声を使い分けられて、ほんとすごい女優さんだ。
また放送されないかしら~
Commented by ジャレット at 2012-03-04 21:23 x
guchicoさん、うちの雛ちゃんを褒めてくださって、ありがとうございます^^
父が娘の初節句に贈ってくれたものですが、あまり頻繁に出さなかったせいか、20年たっても傷みもなく、ほほえましい姿を見せてくれています。
なーんて、もっともらしいこと言ってますが、今年は無精して出さなかったんだわ(^_^;)

お願い事なんて、もーお安いご用でございます。
なんでしたら、guchicoさんのお好きな日本昔話、悦子さんの代わりに語って差し上げてもよろしくてよ。
あ、ノーサンキュー? アイシーアイシー(笑)

〆言葉、ほかにもたくさんあるようで、探してみるとおもしろいかもです。
「いちごさけた」は、ストロベリー系ではなくて、一期栄えた。市が栄えた。から転じたと言う説があります。
「とっぴんぱらりのぷう」も、きっと意味があるに違いない、とあれこれ考えているのですが、わかりません。
地元の方がわからないのですから、私には到底無理ですね(>_<)
でも、いつか解き明かしてみたいわ(笑)




Commented at 2012-03-06 21:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mofu903 at 2012-03-07 00:50
鍵コメさんは、毎週のように豪雪地帯にお出かけなので、この間の雪程度では、びくともなさらなかったのでは?(^_^)v
私はダメダメで、こたつに入って一日ふるふるしていました。
どっすーんの音にも、慣れておいでかと思います。
夜中にいきなり聞こえた時は、びっくりしましたが、かさじぞうを思い出したら、なんだかほのぼのして、気持ちよく眠りにつきました。

鍵コメさんも、「にほんむかしばなし」のファンでいらしたんですね。
エンディングの曲は、「♪くまのこみていたかくれんぼ~」
という歌だったかしら。
わたしも、いいないいな、にんげんていいな、って一緒になって歌ってましたよ~^^

本当に、はやいもので。
甥っ子に、パパになる日が来るとは思いませんでした。
甥の娘ちゃん、このあいだ遊びに来て、「あれ?なんか、いる!」って私のことを指さしてました。
はいはい、あたしゃ、あなたのパパの叔母さんだよ~(笑)

暖かくなったりまた寒くなったり、まだ冬と春がせめぎ合っていますね。
私も、季節の変わり目が大好きです。これも、鍵コメさんといっしょだわ^^

Commented by masupian at 2012-03-07 08:59
おはようございます  ♪

 ジャレットさんのブログにお邪魔しましたら、何かの呪文?!
 そうなんですね。
 昔話の〆。
 日本の昔話は、本当に心ホッとする思いでよく母に読んでもらったのを思い出します。

 親王さま、上品で穏やかなお顔が素敵ですね。
 私のお雛様は、段飾りでお飾りするのが本当に大変で、今ではお蔵入り・・・。
 ですので、段はなく親王さまだけ、毎年会えます(笑)

 日本の昔話は穏やかですが、グリム童話は・・・。
 以前、本当は怖いグリム童話と言う下世話な本を手に取った事が・・・。
 あまりに凄すぎて、封印です(汗)
 お子ちゃまたちには、本当は素敵なグリム童話を読み聞かせたいですね。
 いけません・・・いつもの黒い部分が・・・(笑)



Commented by fuuco_24 at 2012-03-07 13:11
ジャレットさん、こんにちはぁ(^-^)

ご訪問ありがとうございました。 ふぅこです~(^-^)
図々しくも、お邪魔しにまいりました。

とっぴんぱらりんのぷぅ。 見た瞬間に「なんだっけ・・・聞いた事ある。絶対にある。。エートォ (・o・) エートォ」 記事を読み続け、答えが解って思わずにっこりしちゃいました。 修学旅行で訪れた東北で民謡の語りべの方のお話を聞き、この言葉を聞いたはず。 あとは日本昔話からでしょうか(^-^)
甥ごさん、きっと記憶の中に大好きなお話が残っていて、娘さんの名前の中に秘密の小箱のように入れたのでしょうねぇ、  ジャレットさんの語りが、とても好きだった証拠ですね。

綺麗な感受性をお持ちのジャレットさん。 他の記事も早速読みたくなっています。 言葉の引き出しが沢山ある方なんだろうなぁ。。。と、ワクワクしています(^-^)
また、お邪魔しに来てもよろしいでしょうか?(^-^)
Commented by ジャレット at 2012-03-08 08:12 x
ひめのお雛様、ご立派なのでしょうね^^
いつか拝見させてくださいね。
私の段飾りもずっとお蔵入り。お雛様たちに心の中で謝ってます(^_^;)

ひめも、お母様に昔話を読んでいただいていたんですね。
おだやかな風景が目に浮かびます。
それが、一転、怖いグリム童話に!?
私も、「本当は怖い~」シリーズを本屋さんで見かけたことがありますが、
何となく想像がついて、手にとれませんでした。
ダークジャレットは、実はビビりでしたとさ(笑)

黒い部分は、いっそ、「魔性のひめ」として独立させちゃってくださいな。
そして、ご一緒に地球征服に乗り出そうではありませんか!
Commented by ジャレット at 2012-03-08 08:26 x
まあ、ふぅこさん、ご訪問くださったのですね!
うれしいなぁ(*^_^*)

「とっぴんぱらりのぷう」を、地元の語りでお聞きになったとは、うらやましいです。
素敵な修学旅行だったんですね。
私の語りは、う~ん、どうでしょうか。
なんどもせがまれて、(うっとうしいやつめ)と思いながら適当に読んでましたから。
でも、ふぅこさんが、すてきな表現で美化してくださったので、
そうだったのかも、と思えてきました(笑)

おほめいただいて、消え入りたいような気分です~
こんなんでよろしければ、ぜひお遊びにおいでくださいませ。
ふぅこさんのブログも、これから楽しみにお邪魔させていただきます。
図書のカテゴリも拝見してどきどき❤
読書数は少ないながら、私も本好きなので、あれこれお話させていただけたらと思っています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>
ご訪問、ありがとうございました♪
Commented by aoao365 at 2012-03-08 10:38
とっぴんぱらりのぷう。
聞いたことあるんだけど、きっと知っているんだけど、なんだっけ。と思い出せない言葉でした。
なるほど、昔話の〆のことばとはイメージする形が無いのがうなづけます。
他はすべて初耳でした。

私の遠い過去の記憶は、情景や雰囲気、匂いや色などはあっても音に関して乏しいことがいつもジャレットさんのお話から感じます。
昔の話なのは時間だけで、ジャレットさんの感性・語彙豊かな頭の中には感じ取る力で鮮明に映っているのだと思います。
ためいきが出るほど素敵なお話。
数年みていない桐の花がみたくなりました。
Commented by mofu903 at 2012-03-08 20:47
akiさん、こんばんは^^
「とっぴんぱらりのぷう」、調子が良いうえに、どことなく懐かしい感じのする言葉ですよね。
外国版「「ビビデ・バビデ・ブー」みたいなものかしら^^

私の記憶には「これ」という鮮明なものがなく、どれも夢の切れ端が次々とくっついたようなものなんです。
ですからその断片が浮かんでは消え、消えては浮かび…
肝心なことはどこへ飛んでいってしまうのか、
「あ、忘れてた」とか、「そんなこと言ったっけ?」が多くて、周囲にあきれられてばかり…(+_+)
身に余るお言葉をいただき、そんな傷が、ああ、癒されていく~(笑)
桐の花、そういえば私もずっと見ていません。
桐の木自体、少なくなっているかもしれませんね。
お琴になる木と思うと、いっそうゆかしく感じます。

このたび、akiさんのブログを通して、ふぅこさんとお近づきになれました。
素敵なご縁をいただき、ありがとうございました(*^_^*)


Commented by 東北地方 at 2013-10-01 14:07 x
【青森南部】 どっとはらい、どっとはらえ、どとぱれあい、それきってどっとはれぁ
【青森津軽】 市ゴ栄えた
【青森下北】 とっちぱれ
【秋田】 とうぴんぱらり、とっぴんぱらりのぷう
【山形】 とーぴんぱらり
【岩手二戸、遠野】 一期栄えた、孫子繁えた、いんちくもんちく栄えた
【岩手久慈、花巻、宮城】 どんとはれあだず、どんとはらい法螺の貝コぼうぽと吹いた
Commented by mofu903 at 2013-10-02 08:35
東北地方さん、おはようございます。
詳しく書き込んでくださって、ありがとうございます。
東北地方さんは、この方面のご出身でしょうか。
市ゴ栄えた系の語源は知ることができましたが、どっとはらいやとっぴんぱらり系は見当もつきません。
でも、どれも味があって、いつまでも残ってほしい言葉です。
ご教示、心より感謝いたしますm(__)m



名前
URL
画像認証
削除用パスワード