私を月まで連れてって

b0209810_15161526.jpg



 今日も今日とて、九月の半ば過ぎとも思えない厳しい残暑の一日だったが、
さすがに、空は日ごとに秋の色をおびてきている。

 
 空を眺めるのが好きなくせに、天体の運行という科学的な知識には、うとい。
いや、「うとい」などというなまやさしいものではなく、
世間に知れたら「非常識」のそしりをまぬかれないレベルだ。

 たとえば、不惑の四十に近づくまで、
満月は一カ月に二度ある」と漠然と思っていた。
満月=十五夜のイメージなので、三十日間に満月は二回。
 月の満ち欠けのうち、「欠け」の期間がすっとんでいる。
こんな間違いは小学生でもしない、ということが今ではわかるので、
 満月を見上げるたびに、「くぅ~~っ」と呻きたくなる。
せっかくのロマンチックな気分も台無しである。

 星がまたたくのは、「上空の大気が揺れているせいで、そう見えるのです」と、
ついこのあいだ天気予報士さんが言っていた。
私はそれまで、チカチカのまたたきが激しいのは、寿命が尽きかけている星なのだ、
と勝手に解釈していた。
 娘に言ったら、「蛍光灯じゃないんだから」と突っ込まれた。

 ブログだから打ち明けられるが、皆さんに面と向かっていうほどの勇気は、とてもない。
知りたがりのくせに、どうしてこういう基礎的な知識が無いのか。
たぶん、私が知りたいことは、本来どうでもいいことの部類に入るからなのかもしれない。
そして、脳のキャパが低いので、
一人前の大人なら当然知っていてしかるべきことを入れる余地がないのだろう。


                         ・

 
 話は変わるが、さっき、シンクに溜まった皿の山を前に考えていた。
今まで、自分が洗い上げたお皿の枚数について。
たぶん、これもどうでもいいことだろうが、一度考え出すと、気になってくる。
だって、気づくと、「あれ? 私ってば、またお皿を洗ってるし」というほど、
毎日の洗い物の量は多いのだ。
皆さんも、そう思われませんか?
 それとも、最近は食洗機を利用している方のほうが多いのかしら。

 皿洗いは好きではない(だから、溜まるのだが)。
個人的には、1.片付け、2.洗濯物たたみ、に続いて「したくない家事ランキング」の
堂々3位に入賞。
でも、これにはささやかな長所もある。
洗い物をしていると無心になるというか、心が解放されるというか、
つまり、皿洗いをしている時が一番、空想力(妄想力)がかきたてられるのだ。
水が持つ、なにがしかのオーラのせいだと思っている。

                      
                         ・

 
 さて、「洗った皿の数」に話をもどすと――
平均して(お皿限定で)一日に20枚洗ったとする。
たとえば、それを25年間の主婦人生でほぼ毎日続けてきたとする。
そうすると、どうなるか。

 電卓を手に、計算した結果、洗い上げたお皿の枚数は、182500枚!
さらに、お皿の直径が平均20センチとする。
私が今まで洗ったお皿をずらりと敷石のように並べたら、相当な距離になるだろう。
たどって行ったら、キッチンの窓から見えている、あの月に到達するかしら?

またまた、計算。

 36.5キロメートル。
電車でいえば、ほぼ山手線で一周する距離だ。駅の数なら、29駅分。

……納得がいかない。

 私の脳内に繰り広げられる光景によれば、月へと続くお皿の道を、
ぴょんぴょんと跳ねて行くコドモおばさんは、少なくとも大気圏を脱出しているはずなのに。

なーんだ。がっかり。

 せめて今夜は、懐かしのメロディ、「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」を聞きながら
寝ることにしましょ。


b0209810_1515089.jpg

[PR]
by mofu903 | 2011-09-18 15:31 | 日常 | Comments(8)
Commented at 2011-09-18 16:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by noamenoniji at 2011-09-19 21:19
こんばんは。
私も天文学にうといです^^;
毎年十五夜のお月さんは、満月だと思いこんでいましたから・・・

それにしてもお嬢さん、ナイスつっこみです~☆
因みにわが家も母がボケ役、私がツッコミ役でございます^m^

洗いあげたお皿の数で月までの道のりを計算されたとは
うーんさすがジャレットさん、目のつけどころが違いますね!!
お皿の階段をぴょんぴょん跳ねてる小さなジャレットさんが
目に浮かぶようです。
おや?
ジャレットさん肩に何か担いでらっしゃる・・・
どうやらそれは『杵』のようです(笑)
Commented by mofu903 at 2011-09-20 00:14
あらら、鍵コメさんの世界では満月はかなりレアなんですね^^
私の世界とは正反対。楽しいです~ヽ(^o^)丿
天文学も、思いこみを生かしながら(?)学んでみると案外面白いのでは?と思い、「子供の科学」的な宇宙の話を読み始めました。
子供向け、わかりやすくていい感じです。
ウサギはまだ登場しませんが(笑)

そういえば、この間の仲秋の名月の時、某お菓子屋さんでウサギの形のおもちが売られていて、すごく可愛かったです。
鍵コメさんに送って差し上げたかったな♪

え?
私、一周年でしたか?……でしたね、ボケてすっかり忘れてましたー!(汗)
一年なんて絶対続かないと思っていた半面、「○周年です」って報告なさっているブロガーさんの記事を拝見するたびに憧れてたんです。
ハァ……忘れちった。
でも、覚えていてくださって感激です。
お祝いの言葉もありがとうございます。
あらためて、これからもどうぞよろしくお願いいたします!
Commented by ジャレット at 2011-09-20 02:01 x
guchicoさん、おいでませ^^
ただいま、月から帰ってまいりました!
おもちつきを始めようとしたら、あいにく雨が降ってきてしまって…ところで、この杵、どうしましょ^m^

そうなんですよ~、その、「十五夜が満月とは限らない」という情報、私はつい先日仕入れました。
「今年の十五夜は、満月です」とニュースで言っているのを聞いて、初めて知った次第です。
こうして、日々進化している私。ありがたや、マスメディア(笑)

♪まーるいまーるいまんまるい、盆のような月が~
って、歌がありますけれど、私の場合、月からお皿を連想していたということに気づきました。
気づくのが遅すぎですね(^_^;)

guchicoさんとお母様のボケ突っ込み、一度拝見したいです。
ぜひ、録画をお願いいたします♪

Commented by blue-fluted at 2011-09-20 19:08
こんばんは ロイコペです
今回もクリエイティブなアイデア満載のお話
ジャレットさんならではのショートエッセイですね~~

コメントしたいところはguchicoさんと同じく
お嬢様のナイスつっこみと
洗い上げたお皿を単位に、月までの道のりを表示する試み
どちらもつぼに入りました

それにしてもお皿の距離は意外にも伸びないものですね~~
でもチョット待ってください、、、
敷石ならば間が少々開いても許されるもの
現実は別として、月へは地面から上に昇っていくイメージでもあるので
いっそ、階段としてカウントしてみては如何でしょう~~
折角なので、段差は少し大きめにして、、、
Commented by ジャレット at 2011-09-21 10:16 x
ロイコペさん、おはようございます^^
こちらは、台風の接近で朝から豪雨が続いています。
お住まいのあたりの様子はいかがでしょうか、被害がなければよろしいのですが。

そうなんです、さすがロイコペさん!
ステッピンストーン説を取った場合も計算済みです(笑)
人の歩幅は、だいたい5~60センチというのを聞いたことがありますので、
これで計算すると、なんと約137キロメートルと大幅に距離を稼ぐことができました!
(数学音痴なので、合っているかどうか自信はありません)
でも、お世辞にも身軽とはいえない体なので、段差を踏み外して転落!?  
イカロスの失墜ならぬジャレの失墜。迷惑以外の何物でもありませんね(^_^;)

それから、お師匠さま。
オクラ技の伝授をありがとうございました<(_ _)>
秘訣は空冷だったんですね!
私も生まれてからこのかた、ずっと水冷でして、その手は全く思いつきませんでした。
雨が止んだら、買い出しに行って早速トライさせていただきます。
いただくのがすごく楽しみです。本当にありがとうございました。






Commented by tette at 2011-09-21 19:38 x
ジャレットさんが書かれた天体の「正しい知識」は
私も殆ど知りませんでした・・・(;O;)
食べる事以外、脳が引き出しを使おうとしないノネ・・・
お陰で賢くなった。 瞬間的に。。。(*^^)v
一年に数回、宇宙について考えてみたりしますが
果てがない、とかブラックホールとか考えると煙出てきて
思考停止に追いやられます。でもまたやるんですけど
その時は♪フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーンを聴いて
メルヘンナ世界へワープいたします。
ところで、お写真の可愛い牛嬢はお皿におわすのかしら・・・?
Commented by ジャレット at 2011-09-22 00:01 x
tetteさん、私も賢くなるのが瞬間的すぎて、困ってます。
知識を得た時は、わーい、もーぜったいワスレネーって思うんですけど、
ドヤ顔で人に説明し始めたとたん、あれれ?ってなもんですわ。
かっこわる。
宇宙の果て、私も時々考えるんですが、これって禁忌事項のひとつなのでは?
生命の起源とか、神の存在とか、考えすぎちゃうと勝手に脳がパワーダウンしてくれます(笑)

写真の牝牛たん、お皿の柄だったら嬉しいな♪
実は、40年前(!)に愛読した「マザー・グース」の1ページでございます。
先日、本棚の隅っこから発掘しまして……
「猫とバイオリン」という歌で、
この絵の下の部分では、月を飛び越す牝牛を見て犬が笑い、猫がバイオリンを弾き、
さらに、お皿とスプーンが駆け落ちしております。
しゅーるでそ?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード